セブン-イレブン・ジャパンの2万店突破の記念式典が盛大に開催された。目立ったのは社内対立を経て2年前に引退した鈴木敏文氏の大きな存在感だ。成長が鈍化する中、現経営陣には“カリスマ”を超える革新力が求められている。

セブン&アイの創業者である伊藤雅俊名誉会長(左)と「コンビニの父」鈴木敏文名誉顧問(右)が並んで登場した

 「鈴木(敏文)さんは式典でスピーチをするのか?」「参加してもビデオメッセージになるらしい」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1215文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。