「世紀のショー」ともいわれた米朝首脳会談がシンガポールで開催された。だが、具体的な内容は乏しく、共同声明には玉虫色の文言も。それでも経済空白地帯を狙い、非核化後の北朝鮮の「利権」をにらむ動きが早くも浮上している。

シンガポールで開かれた初の米朝首脳会談で、朝鮮半島の「非核化」で合意したが……(写真=Handout/Getty Images)

 「(北朝鮮は)中国と韓国の間にありすばらしい。美しい海岸もあり、マンションや高級ホテルを建てることができるのではないか」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2416文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。