民間調査会社の予測では、2033年に空き家が総住宅数の3割に達する。国土交通省は空き家バンクの情報一元化など対策に乗り出すことを決めた。ただ、不動産・建設業界への配慮から“本丸”に切り込めず、空回りに終わる恐れがある。