民間調査会社の予測では、2033年に空き家が総住宅数の3割に達する。国土交通省は空き家バンクの情報一元化など対策に乗り出すことを決めた。ただ、不動産・建設業界への配慮から“本丸”に切り込めず、空回りに終わる恐れがある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2463文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。