今年1月に経済制裁が解除されたイランで、海外企業による大型投資や進出が次々に決まっている。人口約8000万人弱の7割が40歳未満で成長が見込めるが、日本企業の動きは鈍い。進出を後押しするには、首相による“トップ営業”も不可欠になる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1230文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。