中国子会社の不正会計問題で揺れるLIXILグループが、経営体制を大幅に刷新する。創業家が招いた2人目のプロ経営者、瀬戸欣哉社長が、膨れ上がった幹部組織を約半分に削減。経営体制をスリム化することでコーポレートガバナンス(企業統治)の改善を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1364文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。