国内最大手の三菱東京UFJ銀行が国債入札の特別資格の返上に踏み切る。一方で国債の購入自体は続ける意向で、グループの証券会社も資格を維持する。市場に過度な影響を与えないようにしつつ、日銀の金融政策に一石を投じる狙いが透けて見える。