国内最大手の三菱東京UFJ銀行が国債入札の特別資格の返上に踏み切る。一方で国債の購入自体は続ける意向で、グループの証券会社も資格を維持する。市場に過度な影響を与えないようにしつつ、日銀の金融政策に一石を投じる狙いが透けて見える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1232文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。