ヤマダ電機が都心部の店舗をテコ入れするため、売り場の大胆な見直しを進めている。住設機器や米アップル製品コーナー、法人向け窓口と立地ごとに様々な策を繰り出している。家電販売が伸び悩み、業界では店舗の飽和感が強まっており、手探りの改革には苦しさもにじむ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1317文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題