43年2カ月ぶりの高水準を記録した有効求人倍率。空前の人手不足に陥るなかで、週休3日という働き方がにわかに浮上してきた。様々な業種で広がりつつあるが、課題も見えつつある。

<b>佐川急便は週休3日の求人を始めた(画像はエン・ジャパン提供)</b>
佐川急便は週休3日の求人を始めた(画像はエン・ジャパン提供)
[画像のクリックで拡大表示]

 週休3日、兼業OK──。

 物流大手の佐川急便が、こんな好条件を掲げて正社員の募集を始めた。東京と山梨の営業所のトラック運転手が対象で、1日10時間勤務で週4日の変形労働時間制を利用するという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1114文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。