富士ゼロックスが6月22日に開く定時株主総会と取締役会で経営陣の全面刷新を決める。本誌が詳報した海外子会社の不適切会計の責任を取って、5人のプロパー役員が退任する。だが、富士ゼロックスは直前まで「鉄面皮」ぶりを発揮していた。4月の不可解人事が物語る。

会見で謝罪する富士フイルムHDの助野健児社長(右)(写真=時事)

 富士フイルムホールディングス(HD)が富士ゼロックス(FX)の役員更迭を発表したのは6月12日。FXのニュージーランド子会社(FXNZ)とオーストラリア子会社(FXAU)での一連の不適切会計で375億円の損失を出した責任を負わせるためだ。

 FXでは山本忠人会長や吉田晴彦副社長、柳川勝彦専務執行役員ら5人のプロパー役員が退任。代わりに富士フイルムHDから新たに4人の役員を送り込み、古森重隆会長がFX会長を兼務してガバナンスを強化する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1040文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。