7月2日投開票の東京都議選に向け、事実上の選挙戦が熱を帯びてきた。小池百合子都知事が率いる「都民ファーストの会」と自民党のどちらに軍配が上がるのか。小池氏が自民との決別に動き、対決の構図は鮮明になったが、政策論議は盛り上がりを欠く。

(写真=左:Kodansha/アフロ、右:毎日新聞社/アフロ)
(写真=左:Kodansha/アフロ、右:毎日新聞社/アフロ)

 小池百合子都知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」と公明党などの小池氏の支持勢力が議席(定数127)の過半数を獲得するのか、それとも自民党がそれを阻止するのか──。

 これが目前に迫る東京都議選(6月23日告示、7月2日投開票)の最大の焦点だ。都民ファーストは公認候補と推薦候補を組み合わせて「小池系」勢力の上積みを狙う戦略だ。

 小池氏が自らの支持勢力の過半数獲得にこだわるのは、議会運営の主導権を握るためだ。首長と議会がそれぞれ選挙で選ばれる「二元代表制」を採用しているため、議会多数派が小池氏の方針に異議を唱えれば、予算などの成立が危うくなりかねない。裏を返せば、議会で多数派を握れば、自らの肝煎りの政策が都議会を通過しやすくなり、政策実行力のアピールにつなげられる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3593文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。