好調を維持してきた訪日外国人(インバウンド)の消費に変調が見える。中国の経済減速や税関の規制強化で「爆買い」が縮小、百貨店の免税売上高は3年ぶりに減った。高級ブランド品に比べて底堅い化粧品でも、メーカーは危機感を強めテコ入れに動き出した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1150文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。