2019年10月まで2年半、消費税率10%への引き上げを再延期。首相はデフレ脱却を訴えるが、統計や消費の現場はそうした状況から程遠い状況だ。「将来不安」という根本原因に向き合わなければ、個人消費復活は望めない。