急落を続けた原油価格は、底値から倍の1バレル50ドルに達した。石油輸出国機構(OPEC)は「生産目標設定」に合意できず、供給過剰の懸念は残る。市場は短期の供給増を予想せず、強気派の勢いが止まらない。なぜなのか。