男子バスケ界に経営の優等生がいる。5月末に終えた前季2位の市民球団、千葉ジェッツふなばし。7年前には破綻寸前の弱小チームだったが、2012年に球団社長に就いたプロ経営者が徹底改革。安定した資金力を誇るトヨタ自動車が後ろ盾の「スター集団」を脅かす存在になっている。

<span class="fontBold">日本一を決める天皇杯は連覇した(右が島田氏)</span>
日本一を決める天皇杯は連覇した(右が島田氏)

 「またしてもかなわなかったか」。5月26日、横浜アリーナ。男子プロバスケットボール「Bリーグ」のチャンピオンシップ決勝で「アルバルク東京」に60-85で完敗した「千葉ジェッツ」の島田慎二社長は残念そうにつぶやいた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1061文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。