昭和シェル石油との合併話が進まない出光興産の大株主に、物言う株主(アクティビスト)が浮上した。香港のオアシス・マネジメント・カンパニー。昭シェルへのTOB(株式公開買い付け)を要求している。TOBは無理でも、出光が合併に反対する創業家との交渉役をアクティビストに託す可能性がないとは言えない。

昭和シェル石油との合併話は進展するか(写真=Bloomberg/Getty Images)

 出光興産の大株主に「物言う株主(アクティビスト)」で知られる香港のオアシス・マネジメント・カンパニーが浮上したことが明らかになった。オアシスは出光株を4%程度持っているとみられ、現時点では出光創業家に次ぐ大株主になっている可能性がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1140文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。