5月中旬、全国のコンビニエンスストアのATMから現金が不正に引き出された。不正利用の背景には、クレジットカード決済におけるIC化の遅れがある。経済産業省はカードだけでなく決済端末にもIC化を義務付ける方針を固めた。