セブンイレブンが手薄だった日用品の販売強化を進めている。品ぞろえや価格面で競争力を高め、ドラッグストアの売り上げを貪欲に奪う作戦だ。月次販売のプラス継続という「必達目標」に向けて成果も見え始めたが、加盟店からは冷ややかな声も漏れる。

(写真=藤村 広平)
(写真=藤村 広平)

 「セブンイレブンで12ロール入りのトイレットペーパーを買ったのは初めて」。埼玉県の30代女性はそう話す。従来はドラッグストアを利用していたが「値段が同じなら、自宅から近いコンビニのほうが便利」というのが理由だ。

 セブン-イレブン・ジャパンが日用品の強化に乗り出している。品ぞろえの見直しと値下げがその両輪で、いずれもドラッグストアを意識した施策だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2304文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。