個人が自ら年金を積み立てる「iDeCo」で、投資信託での運用を促進する取り組みが始まった。さわかみ投信や楽天証券がルール変更に対応、初期設定の運用商品を投信へと変更した。株高でも「貯蓄から資産運用へ」が進まぬ中、苦肉の投信誘導策が動き出した。

 現役世代の老後資金確保のため政府も普及を後押しする個人型確定拠出年金(iDeCo)のルールが、この5月に変更された。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1070文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。