軽自動車の雄、スズキでも燃費性能の測定で不正な方法を採用していたことが明らかになった。三菱自動車と異なり、数値改ざんの意図はなかったとするが、背景には共通点が透けて見える。軽自動車の販売競争が始まる直前の2010年の自動車業界の動きがカギとなる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2422文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。