富士通は約3万5000人の全社員がテレワークを利用できる体制を整えた。全社一律ではなく組織ごとに運用し、成功事例や工夫を共有。業務効率化への期待が高まるが、最終的に目指すのは社員の働きがいの向上だ。

(写真=:Bloomberg/Getty Images)
(写真=:Bloomberg/Getty Images)

 「子供や夫と話す時間も増え、精神的にゆとりが生まれました」。笑顔でそう語るのは、富士通で企業向けのシステム営業を担当する田中彩子さん。第1子出産後、1年間の産休・育休を経て2015年4月に職場復帰した田中さんが利用するのが、同社がこの4月に正式導入した「テレワーク勤務制度」だ。

 IT(情報技術)を使って自宅などオフィス以外で仕事をすることを認める同制度。富士通の対象は本体の全社員3万5000人と国内最大規模だ。終日利用は週2回までだが、上司の許可さえあれば何回でも利用できる「使い勝手の良さ」が特徴だ。

●富士通のテレワーク勤務制度の概要
<span>●富士通のテレワーク勤務制度の概要</span>

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1661文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/