トランプ政権のロシア疑惑、米利上げ、挑発を続ける北朝鮮など世界経済にリスクが高まっている。史上最高値を更新していた米国株が不安定な動きとなる中、市場は先行きをどう見ているのか。シンガポール在住の米著名投資家、ジム・ロジャーズ氏に今後の世界経済の見通しを聞いた。

ジム・ロジャーズ氏
ジム・ロジャーズ氏
1942年米国生まれ。70年代にジョージ・ソロスと共にファンドを立ち上げ10年で3365%のリターンを得る。その後引退。2007年よりシンガポール在住。(写真=原 隆夫)

 問 トランプ政権とロシアとの関係を巡る疑惑もあり、好調だった米国株が不安定な動きを見せている。

 答 ダウ工業株30種平均が2万ドルを超えるなど、米国株は高値を更新し続けてきた。株価が上昇したらある程度調整するのは当然だろう。今回の動きも調整の一環と見ている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1055文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。