5月半ばまでに出そろったドラッグストア大手の2017年度決算では、各社が軒並み過去最高益を更新した。好業績の一因が、コンビニのお株を奪うようなPB(プライベートブランド)商品の強化だ。24時間営業など“コンビニ化”でシェアを伸ばす各社が、また新たな武器を手に入れようとしている。

<span class="fontBold">ウエルシアは医師の監修の下、低糖質パンを山崎製パンと共同開発した</span> (写真=スタジオキャスパー)
ウエルシアは医師の監修の下、低糖質パンを山崎製パンと共同開発した (写真=スタジオキャスパー)

 5月半ばまでに出そろったドラッグストア大手の2017年度決算は各社で純利益が過去最高となった。売上高6953億円で首位を守ったウエルシアホールディングスの純利益は前年度比19%増の171億6600万円だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1099文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。