評価額10億ドル以上の“ユニコーン”企業、メルカリが6月19日に上場する。沸き立つ国内スタートアップだが、一方で「次のタマが不足している」という閉塞感も漂う。スマートフォン以降のデバイス革新の停滞に加え、投資家と起業家双方の層の薄さが背景にある。

メルカリに続く日本のユニコーンは……(写真=ロイター/アフロ)

 「これでBtoC(消費者向け)分野のユニコーンがいなくなってしまう」。ある国内大手VC(ベンチャーキャピタル)代表がため息を漏らす。

 6月19日に東証マザーズに上場するメルカリ(東京・港)。評価額10億ドル(約1000億円)以上のユニコーン企業として耳目を集めてきたが、浮かない表情のVC関係者は少なくない。メルカリに続く大型スタートアップが、日本にはほとんどないからだ。