26日の株主総会で鈴木敏文会長が退任するセブン&アイは、混乱を乗り越えて経営を立て直せるか。新副社長の後藤克弘氏は、統括するオムニ戦略で自前主義を改めて、幅広く外部企業と提携する方針を示した。物言う株主サード・ポイントが批判してきた、非効率なグループの投資に歯止めをかける仕組みも導入する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1373文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。