日産自動車が三菱自動車に約2370億円を出資し、株式の34%を保有する筆頭株主となる。株価が低迷したことで、「割安」で三菱自動車を傘下に入れることが可能になった。燃費不正問題の全体像が見えない中、ゴーン社長が出資に踏み切った理由とは。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5043文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。