東芝の2016年3月期の営業赤字は、事業会社として過去最大となる7191億円だった。減損など一過性の要因だけでなく、不正会計で隠されていた収益力の劣化が鮮明となった。メモリーに代わる“稼ぎ頭”として原子力が浮上。さらなる資産売却も急務だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1322文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題