経営再建中のシャープが2016年3月期決算を発表、2期連続の最終赤字に終わった。髙橋興三社長は6月下旬にも完了するとみられる鴻海精密工業からの出資金の払い込み後、退任する。新体制では、シャープ側が危惧していた人員削減や生産拠点の再編が一気に加速しそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1310文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。