電機産業の業界団体、電子情報技術産業協会(JEITA)が5月中旬、JTBを正会員に迎えた。現在292社で組織するJEITAだが、純粋なサービス会社の加入は初めてだ。JEITAが目指すのは「元気な地方の街づくり」。業界団体の新たな姿を見せられるか。

JTBは2016年からCEATECに出展し、電機業界との連携を模索してきた(写真=時事)

 「なぜJTBがJEITAに?」──。一報を聞いた電機メーカーの幹部は、思わず耳を疑った。

 電子情報技術産業協会(JEITA)がJTBを正会員に迎えた。JEITAの現会長はパナソニックの長栄周作会長で、日立製作所の東原敏昭社長ら電機業界の重鎮が理事に並ぶ。一方のJTBはパッケージ旅行の国内最大手。数百万円とみられる年会費を払って電機産業の団体に所属するメリットは何なのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1045文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。