米連邦捜査局(FBI)長官の解任で、トランプ政権に対する批判が強まっている。大統領選へのロシア介入疑惑は第2のウォーターゲート事件に発展するとの見方が広がる。一方、威嚇を続ける北朝鮮は新型ミサイルを発射。就任したばかりの韓国・文大統領の出はなをくじいた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1224文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。