ソフトバンクグループの孫正義社長が、米子会社スプリントとTモバイルUSの統合に動くとの観測が広がる。3年前に米当局の壁に阻まれて以来の「リベンジ」をぶち上げた格好だが、事態は流動的だ。米携帯電話業界が集約されれば競争は促進され、米国民の利益になるという大義名分に市場の反応は薄い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1365文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。