2020年東京五輪の費用負担問題を巡り、小池百合子都知事が都外の仮設整備費の全額負担を表明した。政府主導を印象づけられた小池氏にとって誤算の展開。大会運営費全体の分担協議は曲折も予想される。築地市場の豊洲移転問題に関する都の議論も節目を迎える。都議選をにらんだ小池氏の対応が注目される。