2020年東京五輪の費用負担問題を巡り、小池百合子都知事が都外の仮設整備費の全額負担を表明した。政府主導を印象づけられた小池氏にとって誤算の展開。大会運営費全体の分担協議は曲折も予想される。築地市場の豊洲移転問題に関する都の議論も節目を迎える。都議選をにらんだ小池氏の対応が注目される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1416文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。