東芝のメモリー事業の売却差し止めを、協業相手のウエスタンデジタルが申し立てた。関係悪化が続けば、売却手続きに加え、開発遅延にもつながりかねない。市場シェア低下を招けば、売却交渉にも影響を及ぼしそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1107文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。