日本郵政が不動産大手の野村不動産ホールディングス(HD)を買収する検討に入った。豪物流会社の減損処理で初の最終赤字に転落したばかりだが、成長の柱を求めて大型M&Aに再挑戦する。ただ郵政の不動産事業は政治の影響などで停滞してきた経緯があり、買収の相乗効果は不透明だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2557文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題