東芝は5月6日、副社長の綱川智が社長に、副社長の志賀重範が会長に就任すると発表した。体制刷新で不正会計問題からの再生をアピールする考えだが、人選には疑問が残る。本誌が入手した内部資料には、新会長がやり取りした「グレー」な電子メールが残っていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2440文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。