三菱自動車による燃費データの不正を受け、カタログ燃費と実燃費の乖離に注目が集まっている。欧州が導入する路上走行による排ガス試験だけでなく、実燃費の試験も求める声が高まるとみられる。国産車は欧州車に比べ特に乖離が大きいとされる。自動車各社は対応を迫られることになりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2865文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。