三菱自動車による燃費データの不正を受け、カタログ燃費と実燃費の乖離に注目が集まっている。欧州が導入する路上走行による排ガス試験だけでなく、実燃費の試験も求める声が高まるとみられる。国産車は欧州車に比べ特に乖離が大きいとされる。自動車各社は対応を迫られることになりそうだ。