安倍晋三首相が5月末の伊勢志摩サミットでの政策協調に向け、欧州各国首脳と意見を交わした。焦点の財政出動を巡って足並みがそろわず、サミットでは各国の事情を反映した玉虫色の合意が有力視される。円高・株安が進む中、どのような手を打つのか。サミット後の安倍首相の判断に関心が移っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1442文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。