長期化する個人消費の低迷に、内需型企業の多くが身構えている。経営トップから「デフレ環境で消費の息切れが見られる」という発言が続々と聞かれる。「リーマンショック後より悪い」という見方が現実味を増し、企業は再びデフレ対応の強化を迫られそうだ。