IoTを巡る覇権争いで、これまで競合関係にあった米国とドイツが急接近している。米独の業界団体が3月に連携を発表。4月に開催された産業見本市でも、両国の親密ぶりが目立った。米独に主導権を握られつつある日本も巻き返しを狙うが、出遅れ感は否めない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1315文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。