東芝の半導体メモリー事業の売却を巡り、中国当局の独占禁止法審査の期限が2週間後に迫る。主力取引銀行などは気をもむが、債務超過を回避し、売り急ぐ必要が無くなった東芝には焦りは見えない。「日米韓」連合との破談を見据えて様々な縁談が持ち込まれるが、残された時間は限られている。

昨年末の6000億円の増資で売却の必然性は薄れている(写真=AFP/アフロ)

 「米インテルと提携してはどうか」「米マイクロン・テクノロジーの方が補完性は高い」──。東芝の半導体子会社、東芝メモリは今、なかなかの「モテ期」にあるようだ。売却計画を左右する中国の独占禁止法の審査は5月28日に最終期限を迎える。“破談”が現実味を帯びる中、コンサルなどから様々な縁談が持ち込まれているという。

 東芝は2017年9月、東芝メモリを2兆円で米ベインキャピタルが主導する「日米韓」連合に売却することを決めた。各国の独禁法当局の審査はほとんど通ったが、中国だけは首を縦に振らない。「米中の制裁合戦で政治カードになった」(交渉関係者)からだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1001文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。