抜本的な構造改革を迫られ、来春入社の新卒採用を約700人と前の年の半分に削減するみずほFG。フィンテック時代の生き残りを懸け、人数を減らすと同時に、新たなタイプの人材獲得に力を注ぐ。「みずほらしくない人に会いたい」。学生に呼びかけるこんな言葉が、危機感の強さを映し出す。

数・質の両面で新卒採用を変える
●みずほFG傘下2行の採用計画推移

 新卒採用は半減──。低金利政策の長期化で収益力低下にあえぎ、金融とIT(情報技術)を融合させたフィンテックの台頭で、将来の競争激化に身構える銀行業界。メガバンクでは三菱UFJ銀行が約1割、三井住友銀行も約2割の新卒採用の削減に動くが、特に目立つのがみずほフィナンシャルグループ(FG)だ。傘下2行の2019年入社の新卒採用予定は約700人と、18年入社比で5割の大幅削減に踏み切る。