5月7日のフランス大統領選は中道系のマクロン氏の勝利で幕を閉じた。決選投票の相手は反EUを掲げる極右政党のルペン氏。この構図が示すものは何か。グローバル経済論で多くの著書を持つ水野和夫・法政大学教授に聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1269文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。