安倍晋三首相が自衛隊の存在などを明記する憲法改正を実現し、2020年の施行を目指す考えを表明した。長期政権を前提にした今後の政治日程をにらみ、改憲論議や政権運営で主導権を確保する狙いだ。ただ、今後の国政選挙や政策課題への影響も予想され、実現への道のりは平坦ではない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1406文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。