安倍晋三首相が自衛隊の存在などを明記する憲法改正を実現し、2020年の施行を目指す考えを表明した。長期政権を前提にした今後の政治日程をにらみ、改憲論議や政権運営で主導権を確保する狙いだ。ただ、今後の国政選挙や政策課題への影響も予想され、実現への道のりは平坦ではない。