海外ファンドが国内電機大手に物言いを付けた。標的は子会社から親会社への「預け金」だ。パナソニックは上場子会社の完全子会社化の方法を改め、東芝子会社は預け金を引き揚げた。これまで問題視されてこなかった「財布」だが、今後は株主への説明が求められそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2219文字 / 全文文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題