「実験のパターンを減らしている」「基準にダブルスタンダードがある」…。2004年のリコール隠し問題後、燃費不正の温床になりうる現場の状況を社員が指摘していた。部門横断型の経営再建活動でも企業風土は改革されず、問題は先送りにされた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2342文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題