「民泊新法」が6月15日に施行され、基準を満たせば合法的に営業できるようになる。それに合わせて民泊を「事業化」する動きが相次いでいる。個人間の部屋の貸し借りから広がった民泊が、新手の不動産ビジネスへと変貌し始めた。

民泊のルール整備は進むが……
●民泊新法と特区民泊の概要

 住宅の空き部屋に旅行者などを有料で宿泊させる「民泊」。そのルールを定めた住宅宿泊事業法(民泊新法)が6月15日に施行される。これまで一部の自治体が、旅館業法の義務が免除される特区になっていたが、新法によって全国で解禁となる。一定の条件をクリアすれば合法的に民泊の“家主”になれる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り876文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。