パナソニックは4月、IoT家電ベンチャーのセレボ(東京・文京)から子会社を買収した。25人のエンジニアらを率いるのは11年前に退社した元社員。製品開発スピードの加速が狙いだ。出戻りを歓迎する「自己輸血」に挑むことで、イノベーションを起こす組織への変革はなるか。

今年創業100周年のパナソニック。“出戻り”の岩佐琢磨氏(右上)を迎え入れ、新製品の市場投入スピードを加速する(写真=岩佐氏:村田 和聡)

 「自己輸血のようなものだ」

 パナソニックの宮部義幸CTO(最高技術責任者)は、IoTベンチャーのセレボ子会社のシフトール(東京・中央)を4月に買収した狙いをこう表現する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1173文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。