セブン&アイにとって鈴木敏文会長の存在はあまりに大きく、退任表明後の動揺は収まらない。カリスマが去っても商品開発や店舗運営で他社を圧倒する徹底力を維持できるのか。鈴木会長が掲げた「夢」であるオムニチャネル戦略の行方も定まらない。