三菱自動車の燃費データ不正の対象が、軽自動車だけにとどまらない可能性が高まってきた。対策費用が膨れ上がれば単独での生き残りが難しくなり、三菱グループ各社の支援も俎上に載る。ただ、ガバナンス強化の流れの中でかつての「三菱グループの論理」は通用しにくくなっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5518文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。