米大統領就任から100日が過ぎたが、具体的な成果は乏しいままだ。その間、欧州ではポピュリズムにより社会が分断されるリスクが深刻化。英国は総選挙実施を宣言、仏大統領選では極右ルペン氏が決選投票へ進出した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1190文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。