日本郵政が2015年に買収した豪物流会社を減損処理すると正式発表した。大胆な処理に踏み切った背景には、「ペリカン便との統合失敗」という苦い教訓があった。今後は海外事業を早期に立て直し、国際物流企業への道筋を示せるかどうかが焦点になる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1196文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。